夏のキャンプ〜カブ山まつり(前編)

日時:2018年7月27日金曜〜29日日曜

場所:静岡県立富士山麓山の村

活動:夏の訓練キャンプ


今年も夏キャンプです。この日に向けてスカウトもリーダーも沢山準備をしてきました。


6時45分集合、大きなリュックを背負って出発!


今年の夏キャンプの場所は富士山を少し登り始めたくらいにある静岡県立の富士山麓山の村です。


広い敷地内でまずはオリエンテーリングいや翌日のお神輿レースのフットワーク訓練です。

組ごとにチェックポイントを探していきます。


結構、揺れる吊り橋を通過中、怖い?面白い?


スイカはどこ?


いい構え、さあ割れるか?


前回に引き続きウォータバトル!


リーダーも本気!



食事の準備は各組の仕事です。少し離れた給食棟から、リヤカーで運びました。

嫌々?いえいえむしろ引きたい!だったのですよ。


夕食も食べ終わりナイトハイキングです。真っ暗ですけど、きもだめしじゃありませんよ。


遠くに見える火まで一人ずつ行きました。一回驚かされるけど、きもだめしじゃありませんよ。


実は、ありがたいお坊さま・僧侶によるお焚き上げなのです。

スカウトの目標の書かれた木のお札が、燃やされ、この後の火となって行きます。


手元の小さなキャンドルに、先程の火が灯されたキャンドルファイヤー

いつもの大きなキャンプファイヤーとは違う雰囲気です。

目一杯な初日を終えて就寝・・・・


0時、非常時の避難訓練が静かに開始されました。

非常呼集です。朦朧としながらも急いで着替えて行きます。




2日目も朝から目一杯ですよ。

6:40 当番組が食事の配膳を開始しています。




今回は参加人数も多いので、なかなか大変ですが、きちんと並んでます。


食後のモーニングゲーム、リーダー襲われてる??

いえいえ全力で踏みとどまっているのです。


この日は、これまで作ってきたおみこしを使ったレースが行われます。

その最終仕上げ中、各組の部屋の様子〜





どの部屋も楽しげでくつろいでいて、

でも皆がそれぞれ何かをしていて、

とっても良い雰囲気の中作業をしていました。

さらに夜のキャンプファイヤーのための灯篭作り



牛乳パックが素敵な灯篭になっていく・・・はず


時間に追われながらも、皆、ひとつひとつの作業に真剣なのです。


各組のおみこしとやかんカーリング完成!


おまつりだっ、という雰囲気が漂うこの飾りは、今回参加できなかった副長手作りです。

さて、今回は量が多いので、夏のキャンプ〜カブ山まつり(後編)に続きます!