そらをみよう

日時:2017年5月7日9:00~15:00
場所:気象庁~北の丸公園
活動:ビーバー隊活動

1名のお友達がスカウトに入ってくれました!

きまりとやくそくを、元気に言ってくれました。

 

今日は、気象庁にある気象科学館で、予報について学びます。

気象科学館では、はれるんがお出迎え。

竜巻の発生の仕組みを見たり、

空から落ちてくる雨つぶの形を見たりしました。

この他、地震や津波の仕組みや、予報を決めるための仕事を学びました。

「明日の天気がわかるようになった!」という、呑み込みがよすぎるスカウトもいましたね。

予報するためには、今を注意して見る必要があります。

次に何が起こるのか、何をすればよいのか、知るためには、
今、何が起こっているのか、をよく知ることから始まるのですね。

 

 

そのあとは、北の丸公園でおにぎりを食べた後、ビーバータワーづくり。

公園に落ちている枝とはっぱを集めて、うまくつなげたタワーで高さを競います。

結構難しいです。

1時間近いプログラムになりましたが、
組ごとに、スカウトたちが一生懸命くみ上げていました。

こんなのも。アイデアですねー。

カブスカウトにあると、ロープワークを学んで、上手な組み方を覚えられますよ。

 

次回は、動物園に行きます。