夏季キャンプVS隊2013 尾瀬

いよいよ夏季キャンプが始まりました。

今年は尾瀬に3泊し、その後6団本隊と合流する予定です。

バスで大清水に到着。尾瀬の近くまで来たところで無残にも雨がザアザアと降り出しました。
大清水から出発


三平峠に向かう道は川になっています。
三平峠への山道

今日のキャンプ地、尾瀬沼キャンプ場に到着。ここのサイトは木道と同じです。自然を大切にする配慮ですね。
oze030

2日目、本当の予定は燧ケ岳登山でしたが、昨日の雨が続くと予想し、今日は白砂峠を抜けて見晴に行くことにしていました。
が、予想よりも天気がいい事、明日もあまり変わらない天気との事で、やはり今日燧ケ岳に登る事にしました。
oze040

準備が整い、出発。尾瀬沼東岸はとても気持ちの良い道です。
oze050


燧への分岐。いよいよです。
oze060


スカウトのペースト、リーダーのペースは違うため、2班に分かれてアタック。分かれる事を想定し、スカウトにはアマチュア無線の免許を取らせました。
その成果を発揮するところ。スカウトと無線で位置を確認中。
oze090


眼下には尾瀬沼が見えてきました。
oze100

スカウトに遅れること30分、全員が燧ケ岳山頂に到着しました。
oze110


各人が持ってきた山の食事で昼食です。
oze120


2年前の大雨で土が流され、ごろごろした石がむき出しになっています。これはかなり歩きづらい。
oze130
 oze140

視界が全く無かった山頂から降り始めました。ときどき雲が切れ、尾瀬ヶ原を見ることができます。
oze150


そして見晴キャンプ場に到着。今はガラガラですが、この後大きな団体さんが来たんですよ。
oze160

3日目 本当はアヤメ平に登り、カブ隊と合流する予定でしたが、予定を変更し、三条ノ滝に行くことにしました。

赤田代に向け、広々した尾瀬ヶ原を進みます。
oze180


キンコウカが私達を迎えてくれています。
oze190

赤田代で荷物を預けて身軽になって出発。意外と険しい道です。
oze200

平滑ノ滝に到着
oze210

その後も険しい道を進みます。
oze220

三条ノ滝に到着。水量が多く、ゴウゴウと流れ落ちる滝が豪快です。
oze230

赤田代に戻り、小休止。その後竜宮で昼食です。
oze240

池塘ごしに昨日登った燧ケ岳が、明日登る予定の至仏山がきれいに見えます。
oze270
oze260

池塘にはいろいろな生き物がいました。時間を忘れて見入ってしまいました。
oze280

今日のキャンプ地、山ノ鼻に到着。花豆ソフトで疲れた体を癒します。
oze290

4日目 今日は至仏山に登ります。久しぶりに太陽が顔を出し、みなの気持ちも高まります。
oze320

お花達も私達を迎えてくれました。
oze330


森林限界を過ぎると、尾瀬ヶ原が綺麗に見えます。
oze340


蛇紋岩は濡れると滑ります。今日は天気が良いのでそれほどではありませんでした。
oze350


またまたスカウトと山岳リーダーが先に到着。無線で位置を確認しながら、1時間は待ちました。
oze360

隊長が到着する頃には曇ってしまいました。下り道は雲の中です。
oze380


縦走のゴール鳩待峠に到着。3泊の尾瀬の旅が終わりました。
良くがんばった!
oze390

バスで本隊と合流。夕食は女性リーダーと一緒に美味しいシチュウです。
oze400

5日目 とうとう東京に帰ります。6団全員で記念撮影。
oze410